最近ストレスを感じるあなたへ。ストレスを回避するために自分なりにできること。

ホーム

自分の考え方の習慣を変化させることで

運を引き寄せる。

それでもだめなら、逃げるが勝ち。

人生いいことばかりじゃない。

それはみんな同じです。

その時の反応と、対応の違いだけ。

そう思いませんか。

嫌なことがあると落ち込む人。怒って周りにイライラをぶちまける人。

仕方ないと諦められる人。

ストレスを発散する人、ため込む人。

どう反応し、どう対応すべきなのか。

私が納得して真似したいと思った解決案を明記してみます。

実践した人から、与えられた運をいい方向に運べるようになれる。

そんな方法はこれから紹介する、たった2つです。

1.言霊をうまく利用しよう。

   2.嫌なこと、ストレスの原因の種類を見極める。

1の言霊とは

古代日本では、あらゆるものに神が宿るとされ、

言葉においても例外ではありませんでした。

言葉に宿るとされた不思議な力、霊力のことを言霊と言います。

この言霊でストレスを和らげることができます。

口癖のように口から出てしまうマイナスな言葉を

プラスの言葉に言い換えて、それを口癖として採用しようというものです。

最初は意識しないとなかなか難しいものですが、続けていきましょう。

例えば

どうしたらいい・・・・何とかなる

疲れた・・・・・・・・よく頑張った

運が悪い・・・・・・・運がいい

許せない・・・・・・・許します

重大だ・・・・・・・・たいしたことじゃない

もうダメ・・・・・・・まだやれることがある

つい言ってしまいそうなこと、誰かが言ってるのをよく聞く言葉。

後の言葉に言い換えただけで元気が出てきそうです。

口に出して言って、その声を聴いて、脳に刷り込まれ、気持ちも行動も変わっていく。

この些細な習慣で人生を変えることができるというわけです。

2.嫌なこと、ストレスの原因、種類を見極める。

ストレスとなっている原因は、

自分が影響を及ぼせる範囲のものか、そうでないか

見極めることが必要です。

世の中には悩んでも仕方ないことがたくさんあります。

自分が頑張ればなんとかなることを考えることは必要であり、有益です。

でも、他人の範疇のことや、社会に対する不満など

自分の領域と離れた問題でストレスを抱え込んでも、

解決させることは困難です。

この見極めは意外と大切です。

自分でどうにもできないことは、

仕方ないと受けいれて、悩むのはやめてしまいましょう。

時間の無駄と割り切って、前を向きます。

そして自分なりに回避の努力をしても

解決できないときには、ストレスの原因から距離を置くことです。

可能な限り離れましょう。 一番大切にしなければいけないのは、自分自身だからです。

まさに逃げるが勝ち。

無理に立ち向かう必要はありませんよ。

離れることで視点が変わり、解決することもきっとあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました